レイアウト用の流木をAmazonで買ってみた

ども!アクアびとです。

この前ひごペットのセールで流木を買ったばかりですが、その少し前にAmazonで流木を買っていたのでそのレビューです。

購入したのは「4個入り 流木 水族館シンクエイブル流木水槽の装飾 小 10-15cm」。(現在欠品中です)

商品タイトルの「水族館」はアクアリウムの日本語訳で「シンクエイブル」は「sinkable(沈めることができる)」という意味ですね。

わかりづらい・・・

Amazonのレビューを見ると「思っていたより大きい」というコメントがあり気になったので買ってみました。

商品到着

商品が届きダンボールを開けると塊がひとつ入っていました。

流木の大きさは?

包装をあけてみると4個の流木が入っています。

サイズを測ると商品タイトルにあった通り10~15cmで特別大きいというわけではなさそうです。

う~ん、大きさ的にはハズレだったのかな?

でも、モノ自体はしっかりしてますよ。

平面的な塊だと使いづらかったりしますがしっかり凹凸がります。

水草を活着させるのはもちろん、下の方に空間を開けて置くと生体の隠れ家としても使えそうです。

アク抜きは必要

水の中に入れたところ4個のうち2つが沈まなかったのでアク抜きを兼ねて水を入れたバケツに放り込みました。

3日くらいで沈みましたが、アクはなかなか取れず1週間くらい経ってようやく抜けました。

で、結局お買い得だったの?

商品内容には満足してますが値段的には微妙かな。

1,800円で買ったので1個あたり450円

この値段ならニッソーやGEXの同サイズの流木の方が安いですよね。

ただモノ自体は気に入っているので、同サイズの流木が欲しくなったらまた注文するかも。

大きい流木はしっかりと実物を見て買った方がいいと思いますが、10cm~20cmくらいの小さめの流木は結局組み合わせて使ったりするので、あえてネットで流木ガチャをするのもありかなと。

気に入らなくて水草の活着用の土台として使えますしね。

枝っぽいのがもう一本あれば組み合わた時にもっと使えるかなと思いましたが、これはこれで満足いく買い物でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。