アピストグラマ・アガシジィ繁殖計画 その2

ども!アクアびとです。

先日、アピストグラマ・アガシジィのために繁殖水槽を用意しました。

パイロットシュリンプとしてアルジーライムシュリンプを20匹入れて数日経ちましたが、1匹も落ちることがなかったので水質的には問題なさそうです。

アガシジィのペアをそろそろ引っ越しさせよう思っていた矢先にアガシジィのメスに変化がありました。

シェルターとして入れている植木鉢に隠れたと思ったら、近づいてくる他の魚を必死で追い払っています。

これって産卵の兆候ですよね?

よく観察すると特定のオス1匹だけには心を許しているようで攻撃をしていません。

そのオスもメスを守るように植木鉢のまわりをウロウロして他の魚を追い払っています。

これはもう完全にカップルですよね?

その後もしばらく観察していたのですが、夜が遅くなってきたのでそのままにして寝ることにしました。

次の日、実際に産卵してるのかを確かめるために植木鉢の中を覗いてみました。

ライトをあてて中を見ましたが、どこにも卵らしきものがありません。

う~ん、メスの態度からてっきり卵を守ってると思っていたのですがまだ産んでいなかったんですかね?

ただ、産む前から産卵床を守るような行動を取るのかな?

それとも産卵したけどすでに卵は食べられてる?

よくわからなくなってきました。

とりあえず産卵らしき行動を確認できたのは大きな一歩です。

少なくとも水質があわなくて産卵しないということはなさそうですからね。

このまま時間が経てばまた産んでくれることでしょう。

その時のためにオス4匹を繁殖用に用意した水槽に行ってもらうことにしました。

ちなみにオスとメスの構成はオスが5匹でメスが2匹です。

メス2匹とオス1匹には別水槽に移すよりこのままの方がスムーズに繁殖するような気がするので、そのままS水槽に残ってもらって繁殖を頑張ってもらおうと思います。

メス同士がなるべく喧嘩しないように少しだけレイアウトを変更しました。

さぁこれからが楽しみですね!

また動きがあれば報告します。

では、では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。